このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
須磨ユニバーサル 
ビーチプロジェクト
車椅子 海水浴 アウトドア 障害者も楽しむ wheelchair see beach SDGs  ヒッポキャンプ ビーチマット 
車椅子 海水浴 アウトドア 障害者も楽しむ wheelchair see beach SDGs  ヒッポキャンプ ビーチマット
【神戸市須磨海岸】
須磨ユニバーサルビーチ
プロジェクトって何?
What is SUBP?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
須磨ビーチを
障害を持っている方や
お年寄り、小さなお子さんを
お持ちの親御さんなど、
みんなが気軽に安心して
海水浴を楽しんでもらえる
ユニバーサルデザインの
ビーチにしよう
というプロジェクトです。

IAUD国際ユニバーサル
デザイン賞2019金賞受賞

★11月以降のビーチマット

設置・出張・イベント予定はコチラ

●11月28日 GPSプロギング 歩いてたルートがアートに

●1月初旬 3社参り

●1月9.10.11日 えべっさん@貝塚脇浜胡大社

▶過去のイベント事例紹介はこちら

※場所は変更する可能性がございます。
最新情報はFacebook等でご確認ください
▶︎Facebookページはコチラ
▶︎Instagramページはコチラ

メディア掲載

2020年
●8/29
読売テレビ に放送していただきました
https://www.ytv.co.jp/press/kansai/70780.html
神戸新聞デジタル にご掲載していただきました
https://maidonanews.jp/article/13679440
房日新聞 にご掲載いただきました
徳島新聞 にご掲載いただきました
伊豆新聞デジタル にご掲載いただきました
https://digital.izu-np.co.jp/news/society/19392

2019年

●12/18  
IAUD国際ユニバーサルデザイン賞金賞受賞
https://www.iaud.net/award/12476/


●10/26 
神戸新聞 にご掲載していただきました
https://www.kobe-np.co.jp/
rentoku/omoroi/201910/0012810932.shtml


●8/17  
日本経済新聞 にご掲載していただきました

その他、3年間で120回以上掲載していただいております。

その他のメディアはこちら

「できない」を「できた!」に。
SUBPのひみつ道具たち

車椅子 海水浴 海 sea wheelchair ヒッポキャンプ ビーチマット ユニバーサルビーチ バリアフリービーチ
ビーチマット
◼︎海までまっすぐ続く、みんなの「道」
障がいがある方も、そうでない人も、日光浴や波の音を聞きながらビーチの気持ち良さを味わい、今まで諦めていた波打ち際に行く気持ち良さを感じて、新しいことにチャレンジしていくキッカケにいただきたい。そう願っています。ビーチ以外にも、農地や神社など車椅子やベビーカーで通行が困難な場所で大活躍です。

◼︎出張ビーチマット、好評実施中!
”出張ビーチマット”もやってます。日本全国の皆さんにもビーチを楽しむ感動を味わっていただくため、須磨ビーチで導入したビーチマットをあなたの街のビーチに貸し出すことが可能です。

▶出張ビーチマットページはこちら
車椅子 海水浴 海 sea wheelchair ヒッポキャンプ ビーチマット ユニバーサルビーチ バリアフリービーチ
ヒッポキャンプ
◼︎波打ち際から海の中へGO!
水陸両用アウトドア車いす”ヒッポキャンプ”導入!須磨ユニバーサルビーチプロジェクト(SUBP)では、障がいがあり海に入ったことがない方々、海に入ることを諦めていた方々の想いに応えるため、ヒッポキャンプを導入しています。皆さん是非、須磨にお越しの際は水着を持参し、ヒッポキャンプを使って海水浴を堪能してください!!

◼︎多くの皆様の寄付金によって実現
SUBPのヒッポキャンプの購入費、インストラクター講習費は有志の皆様の寄付金によって実現しました。寄付をいただいた皆様、どうもありがとうございました。

車椅子 海水浴 海 sea wheelchair ヒッポキャンプ ビーチマット ユニバーサルビーチ バリアフリービーチ
ヒッポキャンプ
◼︎波打ち際から海の中へGO!
水陸両用アウトドア車いす”ヒッポキャンプ”導入!須磨ユニバーサルビーチプロジェクト(SUBP)では、障がいがあり海に入ったことがない方々、海に入ることを諦めていた方々の想いに応えるため、ヒッポキャンプを導入しています。皆さん是非、須磨にお越しの際は水着を持参し、ヒッポキャンプを使って海水浴を堪能してください!!

◼︎多くの皆様の寄付金によって実現
SUBPのヒッポキャンプの購入費、インストラクター講習費は有志の皆様の寄付金によって実現しました。寄付をいただいた皆様、どうもありがとうございました。

SNS


instagram

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。


Facebook

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

LINE@での簡単質問はこちら

「教えて!スーマくん」は須磨ユニバーサルビーチプロジェクト質問受け付け専用アカウントです。須磨UBPやイベント、ビーチマット設置、SUMAくんハウスに関するご質問をLINEでお気軽にお問い合わせください。
※ページ下部のメール、お電話からもお問い合わせが可能です。

▶今すぐLINEでお問い合わせ

SUBPについてのお問い合わせ、
ビーチマット&ヒッポキャンプに
ついてのご質問・ご相談はこちら

SUBP代表:木戸俊介

📞080-1181-7002 


メールでお問い合わせの方は

利用・ボランティア・参加者に
ついてのご質問・ご相談はこちら

SUBP事務局:土原翔吾(つっちぃ)


メールでお問い合わせの方は
こちら↓
📧s.tennis4405@gmail.com

もっと須磨UBPを知りたい方へ

車椅子 海水浴 海 sea wheelchair ヒッポキャンプ ビーチマット ユニバーサルビーチ バリアフリービーチ
どうやって導入したの?

▶ヒストリーはこちら
車椅子 海水浴 海 sea wheelchair ヒッポキャンプ ビーチマット ユニバーサルビーチ バリアフリービーチ
今までどんなことしたの?

▶過去の活動紹介はこちら
車椅子 海水浴 海 sea wheelchair ヒッポキャンプ ビーチマット ユニバーサルビーチ バリアフリービーチ
今までどんなことしたの?

▶過去の活動紹介はこちら

\ みんなで遊びにきてね♪ /
須磨に来られる皆様へ

<電車で来られる方> 
●西側から
大阪から45分 三宮から20分
須磨海浜公園駅から南へ徒歩5分
●東側から
姫路から45分
須磨駅から南へ徒歩5分

<お車で来られる方>

●西側から
第二神明高速道路「須磨I.C」南へ10分
●東側から
阪神高速道路神戸線「若宮I.C」南へ5分

※周辺環境について※
お問い合わせの多い
周辺施設を紹介します

身障者用駐車スペース 
マップに記載の第1駐車場は20台、第2駐車場4台の身障者用駐車スペースがあります。予約はできないので午後に来られる場合は第1駐車場のご使用をお勧めします。
多目的トイレ
ファミリーゾーン(上記マップ参照)の近くに新設された多目的トイレがあります。赤ん坊のためのオムツ交換代はありますが、ベッドはありません。
バリアフリーシャワー 
ファミリーゾーン(上記マップ参照)の近くに写真の屋外シャワーがあります。このシャワーはバリアフリーです。
※お湯は出ません
多目的トイレ
ファミリーゾーン(上記マップ参照)の近くに新設された多目的トイレがあります。赤ん坊のためのオムツ交換代はありますが、ベッドはありません。

📺メディア掲載

2019年

●12/18 
IAUD国際ユニバーサルデザイン賞金賞受賞
https://www.iaud.net/award/12476/

●11/28  
〜ひょうご人権ジャーナル〜きずなに
ご掲載していただきました
http://www.hyogo-jinken.or.jp/
 
●10/28 
クラウドファンディング 150%達成しました
https://camp-fire.jp/projects/view/187395

●10/26 
神戸新聞 にご掲載していただきました
https://www.kobe-np.co.jp/
rentoku/omoroi/201910/0012810932.shtml


●10/10
関西アクセスネットワーク大賞 を受賞しました

●10/4 
NHK静岡 にて放送していただきました

●10/4   
webメディア SURFmedia にご掲載していただきました
https://surfmedia.jp/2019/10/05/
izu-shimoda-champion-pro-3/

●9/30 
神戸新聞 にご掲載していただきました


●9/7 
大阪JCI主催SDGs甲子園
にて最優秀賞受賞を受賞しました

●8/17  
日本経済新聞 にご掲載していただきました

●8/11 
神戸新聞 にご掲載していただきました
https://www.kobe-np.co.jp/
news/kobe/201908/0012597532.shtml

●8/9 
神戸新聞 にご掲載していただきました
https://www.kobe-np.co.jp/
news/sougou/201908/0012591958.shtml


●7/29 
神戸新聞 にご掲載していただきました
https://www.kobe-np.co.jp/news/
sougou/201907/0012559851.shtml

●7/29 
神戸新聞 にご掲載していただきました
https://www.kobe-np.co.jp/news/
sougou/201907/0012559853.shtml



●6/27 
中日新聞 にご掲載していただきました

●6/21 
毎日新聞 にご掲載していただきました

●6/14 
神戸新聞 見る思う にご掲載していただきました

●6/1 
兵庫県社会福祉協議会 兵庫の福祉
にご掲載していただきました

●5/28 
読売テレビ にて放送していただきました

●5/19 
サンテレビ にて放送していただきました

●5/10 
神戸新聞 にご掲載していただきました

●3/4 
UDおもてなしガイド~福島駅UDマップ~
にご掲載していただきました
https://www.pref.fukushima.lg.jp/
sec/16005c/ud-30ws2-3.html


●2/26 
WebメディアO:kunに掲載していただきました

http://o-kun.net/news/201902264405/

●2/25 
夢アワード9にファイナリストとして登壇してきました
http://www.yumeaward.org/archives/454

●2/3  
J:COM「神戸人図鑑」にて放送してい
ただきました

●1/23 
サンテレビ 賢者の選択 にて放送していただきました

2018年

●12/18
ダイアモンドオンライン に掲載していただきました
https://diamond.jp/articles/amp/188620?skin=amp

●12/12 
神戸経済新聞 にてご掲載していただきました

https://kobe.keizai.biz/headline/3013/

●10/30 
毎日新聞 にてご掲載していただきました

https://mainichi.jp/articles/
20181030/ddl/k28/040/333000c

●10/28 
サンテレビ にて放送していただきました


●9/28 
webメディア greenzマイプロSHOWCASE関西編with大阪ガス
にご掲載していただきました
https://greenz.jp/2018/09/28/suma_subp/

●9/2 
福島民友ニュースにご掲載していただきました
http://www.minyu-net.com/news/
news/FM20180902-303199.php


●8/11 
共同通信47ニュースにご掲載していただきました
https://www.47news.jp/47reporters/
u30com/2655772.html


●8/6 
webメディア Media116 にご掲載していただきました
http://www.media116.jp/outing/7218

●7/31 
ひょうごユニバーサル社会づくり賞 を受賞しました


●7/16 
MBSちちんぷいぷい にて放送していただきました

●7/9 
webメディア KOBE jounal
にご掲載していただきました
https://kobe-journal.com/archives/4199054378.html/2

●7/9 
webメディアしーもん にご掲載していただきました
http://seamoda.i-ra.jp/e1105700.html

●7/7 
静岡放送 にて放送ていただきました
http://www.at-s.com/sbstv/
videonews/index.html?id=PpDg-H-cZJI


●6/29 
房日新聞 にご掲載していただきました

●5/20 
毎日新聞 にご掲載していただきました
https://mainichi.jp/articles/
20180520/ddl/k28/040/205000c


●5/19 
サンテレビ・朝日テレビ にて放送していただきました

●4/2 
読売新聞 にご掲載していただきました


●3/26 
NHK 知っとこ兵庫 にて放送していただきました

●3/5 
神戸新聞 にご掲載していただきました 
https://www.kobe-np.co.jp/news/
tajima/201803/0011039067.shtml


●3/4 
サンテレビ にて放送していただきました


●1/30 
J:COM「神戸人図鑑」にて放送していただきました

●1/9 
webメディアLIGAREにご掲載していただきました    
https://ligare.news/story/universal_beach/

2017年
●12/27 
毎日放送 ちちんぷいぷい にて放送していただきました

●10/15 
毎日新聞にご掲載していただきました
https://mainichi.jp/articles/
20171015/ddl/k28/040/291000c


●10/6 
webメディアsoarにご掲載していただきました
http://soar-world.com/2017/
10/06/suma-universalbeach/


●9/6 
産経ニュース にご掲載していただきました
http://www.sankei.com/smp/
west/news/170906/wst1709060004-s1.html


●8/1火
毎日放送 ちちんぷいぷい にて放送していただきました

●7/24
NHK 知っとぉ?兵庫 にて放送していただきました

●7/19 
神戸新聞にご掲載していただきました
https://www.kobe-np.co.jp/news/
shakai/201707/0010384648.shtml


●7/17
朝日放送 CAST にて放送していただきました

●7/14
時事通信 にご掲載していただきました

2017年海開き
●7/13 ラジオ関西 毎日放送 Voice 
   読売テレビ ten 関西テレビ Runner   
     朝日放送 CAST にて放送していただきました

ご支援のお願い
活動を持続的に継続していくために、ご支援をお願いしております。いただいた資金はボランティアに来てくださった方への交通費やビーチマットなど備品購入にあてさせていただきます。

これまでの活動を
いくつかご紹介

車椅子でもキャンプに!

車椅子の方もみんなで一緒にキャンプをおこないました。テントを張ることも初めての方も多かったですが、みんなで楽しく準備もしました。カヌーをしたり、ザリガニ釣りをしたり、夜はBBQをした後に、キャンプファイヤーを囲みながら映画を見たり・・・最高の一日になりました。

車椅子 バリアフリー ユニバーサルデザイン キャンプ
車椅子 バリアフリー ユニバーサルデザイン オーシャンフェスタ

オーシャンフェスタ館山

OCEAN+FEST TATEYAMA(オーシャンフェスタ館山)2019に参加してきました。こどもからおとなまでみんなでビーチを楽しむライフセービングの大会でした。

また、今年もワォアクションスポーツ株式会社の方と協力し『ヒッポ×特大SUPのコラボ』を実現しました。
昨年よりもたくさんの方とご一緒でき、ずっと気になっていたとの声もいただきました。また1つ障がいをお持ちの方でも海を楽しめることを知っていただけたと思います。

車椅子でもチャレンジ!田植え体験!

車椅子で田植え体験をおこないました。初めての体験を皆さんでドロドロになりながら楽しみました。協力して稲も植えました。
お昼ご飯には、たぶち農場で収穫されたお米と丹波篠山のお野菜・猪肉・黒豆大豆のお味噌を使ったしし汁を食べました。自分たちで植えた後のご飯はとても美味しかったです。最高の一日になりました。

▶丹波たぶち農場様のHPはこちら

車椅子 バリアフリー ユニバーサルデザイン 田植え
車椅子 バリアフリー ユニバーサルデザイン 地引網

須磨海岸日本一プロジェクト 第三弾 地引網&須磨丼!!

須磨海岸日本一プロジェクト(須磨UBP×大吉財団)の地引網第3弾が終了しました。ブルーフラッグを取得後発のユニバーサル地引網漁でした。
皆さまありがとうございました。
天候にも恵まれ、地引網も大漁、獲れたお魚を美味しくいただきました。
はじめましての方も多く、少しずつ広がってきている実感がもてました。

ユニバーサルツリーイング with WGM @須磨離宮公園

日本で唯一のユニバーサルツリーイングのお手伝いをしてきました。車椅子でも体の不自由な人でも木登りできます。気持ち良さそうに森林浴をしている子もいました。その横で楽しそうに何度も何度も登る子もいました。手足使って登っても、手だけで登っても、車椅子ごと登っても楽しめる。みんなが自然を身体全身で感じることができました。ただ高く登るのではなく、傍に木があるというのが木の匂いや自然の趣があり非常に良かったです。木の上からの眺めは最高に気持ちよかったです。


車椅子 バリアフリー ユニバーサルデザイン 木登り
車椅子 バリアフリー ユニバーサルデザイン サーフィン

みんなでサーフィン体験会”超ユニバーサルビーチ”

LESPROSの皆様、大会中のプロサーファー(JPSA)の方々、japan adaptive surfteam(JAST)のみなさん、ライフセーバーの方々、一般社団法人日本サーフィン連名(NSA)の方々ありがとうございました
ビーチマット・ヒッポキャンプもたくさんのみなさんに利用していただくことができました


▶当日の投稿はFacebookへ

オーシャンフェスタ館山

OCEAN+FEST TATEYAMA(オーシャンフェスタ館山)2018に参加してきました。こどもからおとなまで誰もがビーチを楽しむことが出来る盛りだくさんな2日間でした。

こどもからお年寄りまでいろんな方がマットの上を歩き、ヒッポに乗ってみたりと、どんな人でも一緒に楽しめることを感じていただくことができました。また、ワォアクションスポーツ株式会社の方と協力し『ヒッポ×特大SUPのコラボ』も誕生しました。


▶︎当日の投稿はFacebookへ

車椅子 バリアフリー ユニバーサルデザイン SUP
車椅子 バリアフリー ユニバーサルデザイン 地引網

地引網体験&BBQ with 大吉財団・すまうら水産

須磨海岸を、障がいがある・なしに関わらず楽しめるビーチにしようという取り組みで開催したチャリティーイベント『みんなで地引網体験&BBQ in須磨海岸』はお天気にも恵まれ楽しいイベントとなりました‼️
なかなか普段体験できない地引網をみんなで体験して、そこで取れた超新鮮なお魚をBBQして食べたり、そのほかお肉、お豆腐、カステラなど、たくさん食べて飲んで初夏のビーチを楽しみました。
大吉財団の皆様、すまうら水産の皆様、そしてスタッフの皆様と参加してくださった皆様、このイベントを楽しいものにしてくださりありがとうございました‼️

当日の大吉財団様の投稿へ

【マッピクinSUMA】マッピング×ピクニック

車椅子ユーザー、ベビーカー使用者、健常者、妊婦、大人も子供も...みんなで須磨を散策して地図をつくり、バリアにポジティブなネーミングをつけました。そして、その後ビーチマットでピクニック&スポーツ。ビーチマットの移動できるという点を最大限に生かしました。最後には電車ごっこでみんなが輪になりました。たくさんの企業様からの差し入れ、ボランティアの皆さんの協力のおかげで最高の一日になりました。「みんなでつくるユニバーサルビーチ」にまた一歩近づけた気がしています。


▶︎当日の投稿はFacebookへ

車椅子 バリアフリー ユニバーサルデザイン ピクニック
車椅子 バリアフリー ユニバーサルデザイン 神社

【神社×ビーチマット】

1/9(火),10(水),11(木)場所:脇浜戎大社(大阪府貝塚市)脇浜戎大社の境内にビーチマットを敷いてきました!!設置当日はあいにくの雨…。砂利で水たまりを埋めたり、段差を埋めるスロープをつくったり、スタッフみんなで協力して設置完了。十日えびすの参拝に来られた車イスの方、ベビーカーの方、シルバーカーのおばあちゃんなど、多くの方に好評でした。また、1回限りではなく継続して実施していくことに意義があるという評価も出ていましたので、今後に向けてより有効に活用できたらと考えています。
当日の様子を書いたブログにまとめましたので、是非ご覧ください
▶︎代表者・木戸のブログへ

脇浜戎大社様のHPへ

三田・イモ堀り体験会開催!!

今回は4本のビーチマットをつないで畑へ。おおにし農園さんの協力で今回は畑の畝を縦に半分つぶしていただき、ビーチマットを敷くスペースを確保していただきました!!車イスで子どもたちもみんな一緒におイモ掘り。一生懸命掘っていくと土の中から特大サイズのおイモが!!イモ掘りだけでなく、ピーマンの収穫も体験。凸凹で、前日の雨でゆるくなった地面も、ヒッポに乗ればアクセスすることができました!!ビーチマットとヒッポで畑を堪能しました☆

▶︎当日の投稿はfacebookページへ

車椅子 バリアフリー ユニバーサルデザイン 芋ほり
車椅子 バリアフリー ユニバーサルデザイン 黒枝豆

丹波篠山黒豆収穫祭開催!!

初体験!!ならした畑の畝にビーチマットを設置し、みんなでそのまま車椅子で畑に!農家さんに枝豆の収穫方法を教えてもらい収穫開始♪枝豆の葉っぱ、泥、カエルやバッタを間近に見て、笑ったり、気持ち悪がったり(笑)みんな、自然に触れて生の感情が爆発☆さっき収穫した枝豆をはじめ、目の前の田んぼ・畑で収穫されたごはん、お味噌汁、お漬物などを堪能しました!!みんなで、カンパ~イ♬

▶︎当日の投稿はfacebookページへ

 その他にもたくさんの活動で
バリアを超えて
きました。

どれも一度参加された方から
諦めていたけどこれもできる?
アイデアのあったものです。

2017年11月2日
法人化しました!
【特定非営利活動法人
須磨ユニバーサル
   ビーチプロジェクト】

須磨ユニバーサル
ビーチプロジェクト
公式キャラクター
スーマくん

須磨ユニバーサルビーチプロジェクトは、11月2日に法人化し、【特定非営利活動法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクト】として再スタートしました。
須磨ビーチのユニバーサルデザイン化をはじめ、ビーチ以外の自然と触れ合い、アウトドアスポーツをみんなで一緒に楽しめる機会を創るため、より一層、積極的に活動してまいります。
つきましては、活動をご支援いただく賛助会員様を募集しています。会費ではなく、単発のご支援も受け付けておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

▶︎ご支援について

ご支援のお願い

活動を持続的に継続していくために、ご支援をお願いしております。いただいた資金はボランティアに来てくださった方への交通費やビーチマットなど備品購入にあてさせていただきます。

賛助会員(法人・個人)
ご寄付の募集
===================



①クレジットカード決済

A . 法人会員
1万円/月

●賛助会員様には年間活動報告書を12月中にご提出致します
●年間で12万円の賛助会費となります

※コチラはクレジット決済フォームです。
本フォームは株式会社STYZのサービス、Omise Japanを
利用しています。

※クレジット決済に関するお問い合わせは、support@syncable.bizまでご連絡ください

【法人会員】 クレカ決済へ

B. 個人会員
1千円/月

●賛助会員様には年間活動報告書を12月中にご提出致します 
●年間1.2万円の賛助会費となります

※コチラはクレジット決済フォームです。
本フォームは株式会社
STYZのサービス、Omise Japanを
利用しています。
※クレジット決済に関するお問い合わせは、support@syncable.bizまでご連絡ください

▶︎【個人会員】クレカ決済へ

C. 単発のご寄付

賛助会員(継続寄付)以外で単発のご寄付をご希望の場合は、コチラのボタンより寄付ページに移行ください。

※ご不明な点は、HP記載の問い合わせ先までご連絡をお願いします。

▶︎【単発ご寄付】クレカ決済へ

②現金でのお支払い

現金にてご支援いただく場合は、

【法人会員・個人会員・単発のご寄付】
のいずれをご希望か、

下記連絡先まで事前に
ご連絡いただけますと幸いです。

rewalkproject2016@gmail.com
080-1181-7002(担当:木戸)

●ゆうちょ銀行から振り込まれる、または郵便局でお支払いされる場合
銀行名:ゆうちょ銀行
支店名:四二八支店
口座種類:普通
記号:14290
番号:10190471
口座名:特定非営利活動法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクト
(カナ)トクヒ)スマユニバーサルビーチプロジェクト

●ゆうちょ銀行以外の銀行から振り込まれる場合
銀行名:ゆうちょ銀行
支店名:四二八支店
口座種類:普通
口座番号:1019047
口座名:特定非営利活動法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクト
(カナ)トクヒ)スマユニバーサルビーチプロジェクト

メンバーの声

古中信也
車いすライフセーバー

「新しい出会いに期待」

プロジェクトを通じ多くの素晴らしい出会いがあったことに感謝しています。ひとりでやるよりみんなでやる方が楽しいし、大きな力になると改めて感じました。まだ、スタートラインに立ったばかりです。まずは心のバリアフリー、これからの新しい出会いに期待でいっぱいです。

木戸俊介
ポジティブモンスター

「合言葉は"みんなで"」

合言葉は“みんなでつくるユニバーサルデザインビーチ”です。みんなが力強く前進できるキッカケづくりができるよう、須磨・ユニバーサルデザインビーチの実現に向けて活動を続けていきたいと思います。みんなで楽しい環境をつくっていきましょう!!

利用者の声

更なる新しいドアを、私達だけでなく、私達を支えてくれている人達や、これから知ってくれるかもしれない人達に開いてくれた
…それくらいの嬉しい出来事でした。木戸さんと木戸さんのステキな仲間の方々の心からのキラキラ笑顔は、それこそpricelessだと思っています❤️本当に、本当にありがとうございました!これからも、木戸さんとみなさんのことを、じきさんと一緒に全力で応援しています😊‼

神戸在住Oさん(車いすユーザーの10代男の子のお母さん)
木戸さんはじめ、関わって下さった方々のお陰で、家族、友人家族と二度も海に行く事が出来、夢にまで見た子ども達との海水浴も叶いました✨
インドアで海が苦手だった私ですが、子ども達の様子から自然のパワーを感じ海が大好きになりました。人は、変わるんですね。インストラクター養成講習も、主人が受けられたお陰で先日娘は3回も入水出来ました。本当にお世話になりありがとうございました。来年も、どうぞ宜しくお願い致します。どうか皆さまに宜しくお伝え下さい。

奈良在住Nさん(車いすユーザー10代女の子のお母さん)
豊かな人生をおくる権利がみんなにあるはず。障がい者だから無理 というのは嫌いです。「いけるんちゃう?」という関西弁が好きです。須磨海岸で敷かれたビーチマットで 「いけるんちゃう?」となりヒッポキャンプ水陸両用車椅子で「できるんちゃう?」になりました。
たくさんの ボランティアさんの姿とビーチマットプロジェクトは娘に伝えたかった「春夏秋冬、この世の素晴らしさ」「この世のあたたかさ」が詰まっていました。障がい者も健常者も同じ楽しみがあじわえること、叶えたいです!

Sさん(車いすユーザー10代女の子のお母さん)
豊かな人生をおくる権利がみんなにあるはず。障がい者だから無理 というのは嫌いです。「いけるんちゃう?」という関西弁が好きです。須磨海岸で敷かれたビーチマットで 「いけるんちゃう?」となりヒッポキャンプ水陸両用車椅子で「できるんちゃう?」になりました。
たくさんの ボランティアさんの姿とビーチマットプロジェクトは娘に伝えたかった「春夏秋冬、この世の素晴らしさ」「この世のあたたかさ」が詰まっていました。障がい者も健常者も同じ楽しみがあじわえること、叶えたいです!

Sさん(車いすユーザー10代女の子のお母さん)

ボランティアメンバーの声

谷 真紀 さん
私は、ボランティア活動に参加する事が好きで、私が誰かの役に立てたり、誰かの笑顔を引き出せたりする事にとても喜びを感じます。 夏に須磨ビーチでビーチマットを敷くと言う事を知り、ボランティアに参加しました。 初めはドキドキしながら、1人で参加しましたが、代表の木戸さん初め、ボランティアスタッフのみなさんが、本当素晴らしい方ばかりで、毎回参加するのが、楽しみになりました。 須磨ビーチプロジェクトには 利用者の方々、ボランティアスタッフ達の笑顔が溢れています。 私はこのプロジェクトに関わって、本当に良かったと思ってます。楽しい仲間に出会えた事が、私の財産になりました! もっともっと、沢山の仲間が増えて、みんなで楽しい事、ワクワクする事を共有できると嬉しいです!!

つっちぃ さん
私はたまたま神戸市の1000Smileプロジェクトで木戸さんに出逢い、木戸さんのエネルギーあふれる人柄に惹かれ、活動に参加するようになりました。そして、初めて海に入った子どもたちの笑顔が忘れられず参加し続けています。きっかけはなんだっていいと思います。私みたいに些細なきっかけで始めたことが、誰かの役に立てることは素晴らしいことだと思いますし、もっとたくさんの人に始めてほしいです。そのためにも、もっとたくさんの人に活動を知ってほしいと思っています。始めたいことをいつでも始められる時代なのに、小さな世界にいると入ってくる情報が少なすぎます。私のような経験をたくさん伝えていくことが私の役目だと感じています。いつか・今からでも誰かのきっかけとなれることを皆さんに伝えていけたらと思います。

賛助企業の方の声

QBB 六甲バター株式会社 黒田さん

弊社六甲バター株式会社は神戸で創業し、おかげさまで今年で70周年を迎えます。「健康で、明るく、楽しい食文化の提供によって社会に貢献する」を経営理念に、日頃からまずは地域に貢献し、地域の皆様に愛される企業になれればと考えて活動しています。
そんな弊社がこの度、須磨UBPの活動を応援させていただくにあたり、今年から賛助会員となりました。 
そのきっかけは、代表の木戸さんとの出会いでした。弊社が協賛しています「TEDx Kobe」というカンファレンスイベントで昨年登壇された奥様の彩さんのスピーチに感銘し、その会場で木戸さんと実際にお会いして、自ら率先して出来ないを出来たに変える行動力と、そのポジティブモンスターぶりに思わず何かご一緒に出来ればと思いました。 
障害者の方々も健常者の方々も分け隔てなく楽しめる須磨をユニバーサルビーチに、そして須磨から全国、さらに世界に。その想いに共感し、弊社も一緒に何か出来ることはと考え、今年万全の準備で臨んでいただいた六甲山牧場での乗馬体験やピザ作りなどの「山遊び」は、二度の計画とも残念ながら雨で中止となりました。しかし来年は雨男を克服して、是非皆さんと一緒に実現したいと思っています。
活動の参加もまだ数回ですが、百聞は一見にしかずです。その場に参加することで出来ないを出来たに変える喜びを自身も味わうことが出来ました。賛助会員として、まだまだ微力ではありますが今後ともよろしくお願いします。

ホームページはこちら

NIHONET 株式会社日本ネットワークサービス 堅田さん

弊社株式会社日本ネットワークサービスは、分譲マンションをはじめあらゆる不動産の管理を行っている会社です。特に神戸では500棟ほどの分譲マンションを管理しており、今までの管理概念にとらわれず、マンション内のコミュニティを活性化させる活動を推進し、住民の皆様の「絆」を強めることで暮らしやすい環境づくりのお手伝いをしています。
また、2016年からは「ライフサポート事業」を始め、マンション内だけではなく地域の安全安心を守ることも管理会社としてやるべきと考え、青色防犯パトロールや高齢者見守り事業といった活動も進めてきました。 そんな弊社が、須磨UBPの活動を応援することになったきっかけは、2017年の春、5月に開催される須磨ビーチフェスタでビーチマットを導入したいという木戸さんの熱いプレゼンを聞いてからでした。地元神戸の企業として、須磨ビーチを障害を持っている方やお年寄り、小さなお子さんをお持ちの親御さんなど、みんなが気軽に安心して海水浴を楽しんでもらえるユニバーサルデザインのビーチにしようというプロジェクトの理念に賛同し応援をしています。
現在は、マンションの住民様向けの広報誌「Lifan(ライファン)」などでプロジェクトの活動を掲載し、より多くの方に知っていただけるようにサポートしたり、実際にボランティアとして弊社スタッフが参加したりしています。今後は、須磨UBPと共同でイベントを企画し、「できない」ことが「できた」に変えられる、何かに挑戦するきっかけの場所づくりに貢献出来たらと考えています。

ホームページはこちら

 その他にも
たくさんの利用者の方から
お声が届いています。
まだまだたくさんの素敵な
ボランティアメンバー
がいます。

SUBPに関する
お問い合わせ・ご質問はこちら

この夏、団体でご利用になりたい方、土曜日以外でご利用になりたい方、須磨ユニバーサルビーチプロジェクトについてのご質問や企業タイアップ、出張ビーチマットやアイテムのご購入など、なんでも気軽にご相談ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
  • いいね!
  • シェア
  • g+1
  • はてなブックマーク
    このエントリーをはてなブックマークに追加
須磨ユニバーサルビーチプロジェクト バリアフリービーチ SDGs

【決算書類(貸借対照表)】